tuiteruno4

西葛西 服部歯科医院 (根管治療)

診療時間内では説明が足りなかったことや、お聞きしにくいことを伝えるためにこのブログを作りました。

歯科衛生士

14 2月

先輩歯科衛生士の声

ホーム・ドクター

先輩歯科衛生士の声

 

 私は前歯科医院でも患者さんを担当させて頂いておりましたが、ビジネス街であったため子供さんが少ない医院でした。

 服部歯科医院は小児の患者さんが多く、また歯周治療にも力を入れていると言う事で勤務することに決めました。

 今までの治療の流れと違い、戸惑う事もありましたが、院長と先輩衛生士の大和さんからたくさんのご指導を頂き、現在では多くの小児・成人患者さんを担当させて頂いております。

 小児歯科は大変やりがいがあり、面白いなと思います。

中でもサリバ・テスト(唾液検査)は子供さんに限らず、成人の方でも皆さんが結果の説明に一生懸命に耳を傾けて聞いて頂けます。

良いモチベーション方法の1つとなりますね。

 私が服部歯科医院に勤務して思った事は、メインテナンス(定期検診)に入らして下さる患者さん皆様がとっても生き生きと来院している事です。

 また、お子さんの泣き声がほとんど聞かれないな?と感じました。

やはり、それには院長の無理には治療を急がない姿勢と、ホーム・ドクターを目指しているという温かいお気持ちから医院が出来ているんだと思います。

 日々たくさんの患者さんを見せて頂き、ありがたい感謝の気持ちでいっぱいです。

 

        中丸 亜紀

4 1月

はハ歯ニュース 第3号

フロス

ニュース・レター第3号を担当させて頂く大和です。

今回は、日頃皆様にお話しすることが多い“歯と歯の間の清掃”についてです。

そもそも

〜どうして、歯と歯の間の清掃が必要なのか?〜

と思われる方も多いと思います。

歯と歯の間は『隣接面』や『歯間部』と呼び、すきまが数ミクロン〜数ミリしかありません。

いくら頑張ってはブラシでみがいても、そこまでは汚れを落とせません。

そのままにしておくと、残った汚れの中でバイ菌が繁殖し、虫歯や歯周病の原因となるのです。

そうならないためには、歯と歯の間を清掃するための専門の道具を使うことが必要なのです!!

そこで、その道具とは、、、

     デンタル・フロス(糸ようじ)

 隣接面の清掃に使います。

 専用のナイロンが使用されています。

     歯間ブラシ

 歯間部の清掃に使います。

 つまようじに毛が生えたような形です。

     どちらも正しく使用しないと、効果が得られなかったり、かえって歯やはぐきを傷つけてしまいます。

  次号で詳しい使い方をご紹介する予定です。

4 1月

はハ歯ニュース 第2号

歯並び階段

皆様、第1号は読んで頂けたでしょうか。

今回のニュース・レター第2号は、前回に引き続き、皆様に知っておいて頂きたい事の続きです。

今回も前回に続き、ニュース・レターを担当させて頂く、歯科衛生士の中丸です。

 

       歯磨き粉の選び方

市販されているほとんどの歯磨き粉にフッ素が配合されていますが、配合されていないものもありますので、フッ素入りの歯磨き粉を購入するようにしましょう。

“ライオンさんのチェック・アップ・シリーズがおすすめです。“

     フッ素が口腔内のすみずみまで広がりやすいソフトペースト

     使用後のすすぎが少なくてすみ、フッ素を口腔内に保持しやすい組成

     長時間のブラッシングに適した低発泡・低香味・低研磨性です。

     塩系・歯そうのうろう用の歯磨き粉はフッ素が入っていない物がありますので、要チェックです!!

     低濃度フッ素の応用(ジェル・泡など)

  歯の表面では、食事のたびに脱灰と再石灰化が行われています。

  脱灰により歯が溶け出し、再石灰化によって再び歯の成分が取り戻さ

  れます。

  この時にフッ素も一緒に取り込む事ができると、酸によって溶かされにくい歯になります。

  また、フッ素が再石灰化を促進し、虫歯菌の働きを抑えてくれます。

  健康な歯を守り育てる為には、フッ素配合の歯磨き粉にプラスして、低濃度のフッ素を毎日使う事をおすすめします。

※フッ素は食品(海藻類・魚類・緑茶など)にも含まれており、体にやさしく安心です。

4 1月

はハ歯ニュース 第1号

クール法

このニュース・レターは、患者様皆さんとのコミニュケーションの一環として、そして皆様に少しでもお口の中の事を知って頂けたらと思い作製しました。

 

ニュース・レター第1号は、まず皆さんが普段ご家庭で行うホームケアをするうえで、1番知っておいて頂きたいブラッシングについてお話しします。

     歯ブラシに選び方

毛先はやわらかめで、ヘッドの小さいスリムな型(3列毛)

ストレートな柄をおすすめします。

“タフトがおすすめです!私達も使ってます。”

     ブラッシングの仕方

 歯の磨き方、磨く時間、回数などは個人の生活習慣がありますが、ほとんどの方が磨く癖があり、”磨いた気分“を味わってしまいます。

 磨き残しが少ないように、順番に一筆書きで磨きましょう。

磨きにくい利き腕側のベロ側から、始めます。

右利きの人は、右下のベロ側の一番奥歯からスタートです。

その場所がキレイになるまでは、次の場所には移動せずに順々に磨いていきます。

クール法と言われております。

上の絵を参考にして下さい。

 虫歯や歯周病は、多くの原因が重なって発症します。

原因の1つである歯垢(プラーク)を取り除くことが重要です。

 

続きを読む »
27 12月

本当に!すごいんです。

pico 

「先生!ホント、この機械すごい!」

 

今日いらしたHさんから、お声がかかりました。

そのとうり、この手術用顕微鏡はすごいんです!

三橋先生直伝のメガネ型のモニターでご自分の口の中を説明した直後の事です。

子供を誉められた親のような嬉しさです。

「先生、これZeissなんですか?」

その言葉を待ってました!気が付かれました?

そのとうり、あのKarl Zeiss Pico MORA様で在られるぞ!って感じ。

本当に顕微鏡下の歯の画像って、明るくてよく見えるし、本当に解りやすいんです!

絶対、必見!是非、見てみて下さい。

きれいな人は本当に歯ってキレイだな〜〜って。

拡大された天然歯を見ていると、神様というか自然の神秘や素晴らしさを感じられますよ。

私のような銀歯ばかりの人も、それなりに現実に目を背けずに見てみて下さい。

自分がこだわっている事に気が付いてくれるのって、嬉しいですね。

これって患者さんにとっても同じですよね。

何を希望して当医院に来てくれたのかな?今日は何を期待されているのかな?

前歯が黒いのをこの次の結婚式までに治したいのかな?

とにかく痛くなく治療して欲しいのかな?

今日は2時の友達との約束に、間に合うように終わることが大事なのかも。

月末で、治療費がまずは心配なのかも?

チラ、チラっと見られていたあの雑誌のことで、楽しく話をしたかったのかな?

どうしても治療担当の歯科医の私は、病気を上手く治すことを一番に考えてしまい、ご無理を御願いすることが多いですね。

予防、定期検診の歯科衛生士さんの患者さんは、期待通りでしたでしょう?

退職する大和へ、毎日のようにお別れや励ましのお声をかけてくださり有難うございます。

そんな暖かい心の交流が彼女たち、歯科衛生士のやりがいなんです!

今日はどのくらい、あなたのご希望・ご期待にお答えできましたでしょうか?

機械だけじゃなくて、「先生!ホントに、先生をはじめ、ここのヒトはすごい!」って言われるようにならなければ。

 

26 12月

内緒の話。初めての定期歯科検診!

dddd3d89.JPG

実は私自身の初めての定期歯科検診のご案内が届きました。

 

昨年から、私がお世話になっている花村歯科医院の歯科衛生士の小森 朋栄先生から6ヶ月検診の葉書が届きました。

もうそろそろ自分磨きだけでは、不安を感じていたところでした。

わかって頂いてる気がして、嬉しいですね。

普段は患者さんに定期検診や予防の大切さを偉そうに話しておりますが、実は初めての検診なんです!

15年近く前の勤務医時代に先輩に治して頂いたままで、私の手作りの銀歯が多く入っております。

40歳を過ぎて、最近、右下のさし歯が噛むと痛くなり、そのうえ歯の間に物が挟まるようになりました。

やっぱり、初期の歯周病でした。

医者の不養生とは正に私のことです。お恥ずかしい、、、。

自分はプロの歯医者!しっかり磨けているんだから、自分だけは、、、なんて思っておりました。

患者さんにご説明しているように、完璧に磨けている人なんていないし、そんな努力をする必要もありません。

自分だけでは磨けない所は、マイ・ハイジニスト、かかりつけの歯科衛生士さんに時々お願いすれば良いんです。

磨き癖や心配な所をかかりつけの歯科衛生士さんに継続して、診ていただければ安心。

虫歯の治療ではないから、痛くなくどころかさっぱりして快適です。

治療終了時に、プロのクリーニング(PMTC)を受け、その爽快感は体験済みです。

エッ!何で服部歯科の歯科衛生士さんに診てもらわないのかって?

信用していないのか?ですって、とんでもない!

スタッフ同士で定期検診をする約束だったんですが、目の前の患者さんをどうしても優先してしまい実施できずにおります。

診療費ももらえないし、、、いや!トンでもない!そんなことを考えてはいません。

大和さんの後任歯科衛生士さんが決まれば、必ず来年度中にはスタッフ同士の定期検診を実施します。

早く、求人・採用が決まれば良いのですが?出会いですからね。

また、私自身は他の医院で患者さんとして診察台に上がる緊張感を思い出すことが、良い勉強となります。

昨年度は顕微鏡歯科の第一人者三橋 純先生に、プラスチックを詰めてもらった経験が最も大きなチャンスになったと思います。

花村先生、三橋先生、小森先生、本年度は患者さんとしても本当にお世話になりました。

26 12月

定期検査は保険きかず?

d225311f.jpg定期検査は保険きかず(コンタクト・レンズ)自覚症状有無が分かれ目こんな記事が12月15日の毎日新聞に出ておりました。これは歯に関する記事ではありません。コンタクトレンズ使用後の眼障害の早期発見もため、定期検診を受ける際についてです。自覚症状があって受診する検査は医療保険の対象となる。が、自覚症状なしに受ける定期検査は疾病とみなさずに、健康保険の対象外とし全額自己負担とする。との厚生省の方針です。先日の定期検診に関するアンケートでも、お伝えしたように健康診断は自費扱いという判断です。しかし、現在の歯科では歯周病や混合歯列期(乳歯と永久歯が混ざり合っている学童期)の虫歯に関してはメインテナンスという考えが適応されています。患者さんだけではなく、私達にも難解ないくつかの細かい条件がありますが!やはり歯周病は(虫歯も?)生活習慣に関連する慢性的な病気、生活習慣病ですので継続的な管理が必要だからでしょうね。メインテナンスの担い手は歯科医ではなく、歯科衛生士といった国家資格を持ったプロなんです。歯医者さんのお姉さんじゃなくて、歯科衛生士さんの○○さんって呼んでくれたら嬉しいです。
Recent Comments
Profile

tuiteruno4

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ