歯の検査では、レントゲンは欠かせません。
でもレントゲンの結果に過剰に考えてしまう歯科医もいます。 
それが間違った診断、治療の原因となります。
レントゲンで分かるのは、
歯とそのまわりにある神経血管の管との関係、
上顎洞、蓄膿症と関係する鼻の一部、
虫歯があるか?どうか?
詰め物のスキマ、
前の根管治療の状態、
根っこの先や根元の骨がやせているのか?
などです。 
歯ではない病気でも骨がなくなったりは起こります。
レントゲンは2次元のカゲ絵ですので 、全ての問題を示すわけではありません。
方向を変えて複数枚を撮る方が、見逃しが少なくなります。 

CBCTは3次元ですので、難しい診断にも有効です。
普通のレントゲンでは前後のものが皆んな重なって見えるのですが、
CTでは見たい所だけをハムみたいに切り取って見えるのです。
上の奥歯ではさっきの上顎洞やホホ骨が重なって、根っこの状態が見えづらいんです。
なので、CTの方が小さな病気でも見逃しません。
CBCTは普通のレントゲンよりも2倍も根っこの先の病気を見つけ出します。
CBCTの欠点は
レントゲンの量が多い、
費用が高い、
どこの歯医者でも有るわけではない。
今は多いですが、日本では?
CBCTを撮るのは
診断が難しい時、
解剖学的に難しい、形などが複雑で難しいの、
前の治療の問題点を調べる際、
外科治療が適応かと思われる歯、
ケガの時、
吸収、歯が溶けてるような時。