考察

神経の治療を始める前に、
被せられるのか?どんな被せ方になるか?をいつも考える必要があります。
でないと根管治療後に問題が起こり、更に悪い状況になることもあります。

奥歯では咬む力、歯ぎしりについても考えておかないとなりません。
隣の歯との肩の部分、辺縁隆線がなかったり、ヒビが入っていたりする歯はかけ易いです。
根管治療した奥歯を欠けにくくするために、被せた方がいいです。
かみ合っている相手の歯がご自分の歯やインプラントの時には、咬む面を被うような被せ物がいいです。

被せ物は材料の厚み、残った歯の位置と量などによって考えます。
削る時には、歯がなるべく残るように行います。

その歯に状態に合わせて、それぞれの被せ方を考えます。
例えば、
強く力がかからない奥歯で、片方の肩の部分が残っている歯では、大きく被せなくてもいいでしょう。
相手の歯が入れ歯であれば、プラスチックを詰めるだけでも大丈夫でしょう。

AC8C7DDF-5DDF-469D-922C-F89A1452AB4534DB619C-4973-4D31-9BD5-22BFB199566E