考察

根管治療が失敗した歯の再根管治療は、しばしば難しくて時間がかかります。
成功率は高いのですが、時には感染源を取りきれず失敗となる事もあります。
しかし失敗症例は先ずは再根管治療を行うべきです。
また非外科的な再根管治療が不可能、お勧めできない歯もあります。
正確な診断、治療計画が大切で、適切な処置が求められます。
非外科的な再根管治療を行う際に、その成功率と将来に外科的な治療が必要となる可能性も伝える必要があります。
この歯ではガッタパーチャポイントが多量に飛び出ていた事と再根管治療後に病変の大きさが変わらなかった事から、今後に外科的な治療を行う可能性がありました。

この歯の様にまん丸い病変では、外科治療後に急速に良くなる事は少ない。
6ヶ月後のレントゲンからほぼ完全な治癒を認めた。
特別な骨移植や膜を使ってはいません。

歯内療法におけるマイクロ手術には、従来法よりも多くの利点があります。
顕微鏡下で小さな器具を使って行う事で、精度が高くなります。
また逆方向から詰める材料の開発が、成功率を高める一因にもなっています。
正確な診断、適切な治療計画、良好な手技を非外科と外科の両方で行う事が、長期の歯内療法の成功を期待できるでしょう。

728B1091-5630-41DD-BF8E-4166954B043A