0DA86C9E-7170-4FBE-A927-17AE3A070DF7
こんなに大きな病変でも、再根管治療で治るんですか?

レントゲン上で大きな病変程、外科手術が必要だという証拠はない。
一般的には嚢胞は再根管治療では治らずに外科的手術が必要です。
嚢胞はデキモノの内面が上皮、皮膚と同じ1番上にある層で中身を守ってくれているカバーみたいな組織、その上皮で被われています。
でも嚢胞か?肉芽種か?は、取り出したデキモノを処理をして顕微鏡だ見てみないと分かりません。
それも本当に独立した嚢胞なのかは、デキモノをハジからハジまで連続的に見てみないと分かりません。
これって、取り出したデキモノが潰れていたら分からないし、普通は全部を切片にしたりはしません。
なので診療中には、嚢胞?外科手術が必須かどうか?は分かりません。
なので初回の根管治療が失敗した歯では、まずは非外科的な再根管治療を行うべきです。

顕微鏡を使ったマイクロ手術とは、なんですか?

手術用の顕微鏡を用いて拡大視野下で行う手術です。
専用の小さな鏡やチップなどを使用します。

マイクロ手術の利点は?

顕微鏡を使わない従来の手術よりも小さな器具で大きく見える環境で行うため、骨を削る量が少なくて済みます。
以前は器具が大きくて斜めにしか出来なかった根っこの先を直角に真っ直ぐに削れ断面も小さくなります。
根っこの先から逆方向に根管の方向に正しくアプローチ出来るようになりました。
更にその断面を見れるようになったので、正確に診断でき、詰めることもできます。

マイクロ手術の利点

●骨を削る量が少ない。
●超音波チップで歯の軸に沿って削れる。
●断面のハリや2本の神経の間につながるスジ状の形が見える。
●歯ぐきへの負担が少ない。
●治りが早い。