診査結果

顔の表面には何も異常はない。
歯磨きは大体、良好。
歯内療法専門医に来た時には、抗生物質によって急性症状収まっていた。

右下6番は叩いても、頬側を押しても痛くない。
グラグラしてもいなく、膿が出てもいない。
歯ぐきにも異常は認めず、深い歯周ポケットもない。
金歯はおおよそピッタリしてはいたが、奥側の縁にコアの銀、アマルガムが被われずに認められた。

正確な診断には良質な術前のレントゲンは欠かせない。
昔のレントゲンが有れば更に有効です。
初回の治療後、根っこの先の病変の大きさが元々と変わらないのか、 大きくなったのか?
この歯では以前のレントゲンは確認できなかった。

F066497E-F529-49F8-AC58-E092F9BBAB78
 
右下6番の根っこの先が黒くなっている。
被せ物は良さそうで、金属のピン、ポストが両方の根に入っている。
根管充填の薬は少し短い。