理想的な根管充填材

●不活性?刺激性でないって事かな?
● 寸法安定性
●アレルギーを誘発しない。
●抗菌性
●変色させない。
●硬すぎない。
●象牙質にくっ付く。
●レントゲンで白く写る。
●緊密に押せる。
●細菌の侵入を防げる。
●取り除ける。

今までに使われてきた根管充填材 
最近
●ガッタパーチャ
●レジロン?
●MTA

歴史的には
●シルバーポイント
●チタンポイント
●粉状の物、ペースト、粉剤

現在、推奨される根管充填材は?
ガッタパーチャポイントが標準です。
長年使われており、理想的な特性をほぼ充しています。
使用されているポイントの成分はガッタパーチャ(19〜22%)、酸化亜鉛(59〜79%)、様々なワックス、染料、金属です。

ガッタパーチャは室温でも、あるいは加熱して加圧できます。 
しかし象牙質には接着しないので、シーラーを併用しなければなりません。
シーラーがガッタパーチャの周囲の隙間を埋めてくれ、象牙質とガッタパーチャにくっ付きます。 
様々なタイプのシーラーが使われています。

根管充填用のセメントをシーラーと呼んで、被せ物をくっ付ける時のセメントとは特性が違います。