一回治療か?複数回治療か?

一回治療が良いのか?複数回治療の方が良いのかは、細菌学からや治療結果の視点からも多くの論争が有ります。
確かに生きた神経では根っこには慢性の細菌感染が及んではいないので、一回で治療できれば理想的でしょう。
しかし神経が死んで根っこの先に病気が進んだ歯では、治療の成功には根管内の感染をマネージメントする事が必須となる。
機械的、化学的に根管をキレイにする事で、細菌数を劇的に少なくはできるけど無菌にはできません。 
一般的には更に根管の消毒するために、水酸化カルシウムを貼薬、仮詰めしますが、その効果は疑問視されています。
一回治療を勧める歯科医は何回も治療回数を増やしても無菌にする事はできないのだから、残った細菌は根管充填材によって封じ込めれば良いと言います。
一方、複数回治療を選ぶ歯科医はできるだけ細菌数を少なくするには、機械的、化学的な消毒に加えて根管貼薬、薬を付けておくために2回は最低限必要だと言います。
治療成績を分析した研究によると、治療回数と治療結果や治療後の痛みには関係は見つかりません。
関係なかった。