神経を残す治療に必要な事は?

● 健康な神経、あるいは可逆性炎の神経、元通りに戻れる程度の炎症がある神経。
●慎重な手技、出血のコントロールとクスリの置き方。
●隙間が開かない事、細菌感染を予防するために覆罩材とその上の詰め物が良好な封鎖性を持つ事。

患者さんは、 自分の歯を失いたくはなかった、
術前に実際にどこまで穴が開いているのかは分からない。
神経が出てしまい、他の治療法に変更となる可能性がある事をよく説明した。 
もし神経が出た時には、歯髄覆罩か断髄が必要となる。
覆罩はそのまま出た神経を薬で被う方法。
断髄は一部分の神経を削り取って、その上に薬を置く方法です。

もし歯髄覆罩か断髄が予想される時に、患者さんに伝えておくべき事は?

●治療法の種類とその原則。
●この治療法は保存的ではあるけど、もし将来的に症状が出た時には根管治療が必要になる事。
●定期的な検診が必要となる。
●最初の頃、少し冷たい物がしみるかもしれない。

8C5B6A55-5A3B-4AE1-8A3F-1EC573F4685E