どんな時、神経を残せるのか?

理論的には、ケガや虫歯で出ちゃった神経が可逆性の炎症、元に戻れる時は残せます。
しかし実際には、神経の炎症がどの位まで進んでいるのかを正確に知る事は難しい。
ケガであれば、虫歯のような感染症ではないので、神経を残すべきです。
特に根っこが出来上がっていない、未完成歯では神経を取ってしまうと成長が止まってしまうので。
しかし虫歯で出た時には、細菌感染が著しく進んでいると思われる歯では断髄か抜髄が行われます。
断髄は一部分の神経を、抜髄は全部の神経を取る方法です。
神経を残す治療は、神経に炎症が有るのか無いのかで治療結果が大きく違ってしまうのです。

この歯のように自発的な症状が無く、電気や温度刺激に反応して、レントゲンで根っこの先にカゲが無い歯では、断髄ではなく、直接覆罩、そのまま神経を残して、クスリで被う方法が考えられます。
このような症状は神経が健康で、覆罩や部分断髄ができるかもしれません。

神経を残して、覆罩する方法の利点は?

歯髄覆罩は短時間に行え、費用も安く、根管治療よりも保存的、削りません。
更に被せずに、。詰め物で治せます。

生物学的には、神経を残せれば第二、第三象牙質、神経が刺激に反応して象牙質の壁を作る防御機構が保存できます。
また歯髄象牙質の感覚機構が残る事で、力を過大にかかるのを防げ、将来に歯が折れ難くなります。