歯髄、歯の神経が出ちゃった時に、神経を取らずに薬で被う方法です。

目的

この歯の治療を通して根完成歯で神経が出た際に、神経が残せる適応症とその原則を学びます。

最初に

患者さんは19才、
右上の第二大臼歯、7番が欠けて、冷たい物がしみる。
 
主訴

患者さんは右上の7番が時々、冷たい物がしみていた。

内科的な既往歴

特に無し

歯科の既往歴

3週間前までは何ともなかった。
歯がかけてから、冷たい飲み物にしみるけど、5〜10秒間だけ。
ズキズキしたり、咬んで痛んだりはしない。
この歯は4年前にアマルガム、銀の詰め物をしていた。

診査結果

顔の表面には異常はない。
奥歯には治療済みの歯が数本見られた。
清掃状態は良好。

右上の7番には噛む面にアマルガムが詰めてあり、奥側には虫歯で穴が開いていた。
たたいても押しても痛みは無い。
歯ぐきの状態にも異常はない。
下の歯とシッカリと噛み合っています。
電気刺激には正常だったが、温度刺激には他の歯よりも過敏に反応した。

レントゲンから何が分かるのか?

●咬む面と手前側に詰め物がある。
●奥側には大きな穴がある。
●根っこの先にはカゲはない。
●歯の周りの骨も正常。

8C5B6A55-5A3B-4AE1-8A3F-1EC573F4685E