4CD1B2D5-C47F-4C85-86CA-7022A8B518E0
 




















この様な技術的な進歩の中にあっても、
術中における根管への感染予防への配慮がなされなければ、
全く無駄となるであろう。
つまりは、
最も効果的で長く行われている感染予防策は、ラバーダムである。
それにもかかわらず、多くの国で根管治療時にラバーダムを殆ど、あるいは全く使用しない歯科医が大半である。
 近代の根管治療には、ラバーダムは必須の方法である。
他の治療同様、根管治療には意思決定する際に様々なジレンマによる合併症のリスクが生じる。
最新の治療法を用いて、適切な適応症例を選ぶならば、以前には抜かねばならなかった歯でも、成功裡に治療が可能です。
 最新の根管治療を用いるならば治療結果は長期に渡り良好に経過し、ご自分の歯を保つ事ができるでしょう。
ただし、これらの技術的な進歩は根管治療における基本的な手技を守ったうえでしか意味を成さない。