根管充填のプロトコール

この本ではレジロンの使用を勧めていますのですが、 大きな流れは同じなんでそのまま書きます。
今、レジロンは使われていないと思いますが。

〆管形成を終えて準備完了したら、EDTAで洗浄します。
EDTAはキレート材で、歯の削りカスを溶かしてくれて、そしてここでは次亜塩素酸ナトリウムが残っているとレジン、プラスチック系のレジロンの接着を妨げるを消すためです。

B422138C-37DA-43A1-8D2C-4AE3FF20B726 一般的にはEDTAの作用を消すために、短時間だけもう一度次亜塩素酸ナトリウムで洗浄します。
最終的な洗浄は生理食塩水でしょう。











∋罎離櫂ぅ鵐箸粘チ腓靴董適切なメインのポイントを試適します。
レントゲンで適合しているかを確認します。
ここではレジロン用のプライマー、歯の処理材を塗るって操作が書かれています。
一般的にはこの操作はありませんが。
05B1D515-D9EB-4B5F-A209-E97318507449 
















シーラー、セメントですね。
シーラーを適切な調度に練ります。
メインのポイントをシーラー でおおって、それを根管に入れて歯にも練りつけます。
C520BCCF-C39A-4C35-A630-5983967C5022