ポスト、シンボウを掘る時に根っこの内側に穴を開けちゃった歯の治療 続き

患者さんと治療方針を相談後、
根管治療は再度行わずに、穴だけを修理することにした。
麻酔をしてから、被せ物を外し、ラバーダムをかけた。
中にある水酸化カルシウムを洗い流すと、
近心(手前の)舌側(ベロ側の)根管から出血してきた。
次亜塩素酸ナトリウムでゆっくりと洗い、紙のポイントで乾燥させた。
顕微鏡でのぞくと、根管の奥側、つまり根っこの内側に穴が開いていた。

5DBD76EA-5C3A-492B-9BB3-10726189A343
 他の根管に入らないようにワタでフタをし、
穴の開いた根管にMTAセメントを詰めた。
根管治療用の棒、プラガーでMTAを圧接した。
もう一方の近心(手前の)頬側(ホホ側の)根管はガッタパーチャで詰めた後に、
コンポジット(ガラスビーズなどを混ぜて補強した)レジン、プラスチックで封鎖した。
被せ物を最終的なセメントでくっつけた。

75374647-A498-4A77-B686-65DEE089C5F7 





レントゲンでは左が治療直後で、
右は一年後でカゲが小さくなってます。


患者さんは一年後に来院し、症状はない。
たたいても痛くないし、何にも異常はない。
レントゲンでは分岐部(内股)のカゲは小さくなっており、根っこの先も異常なし。

穿孔の症状
臨床的には
●治療時に患者さんが突然に痛くなった。
●出血
●そこに電気的根管長測定器を繋ぐと、根っこの先だよと示す。短すぎる所で。
●穴に一致した場所に歯周ポケットが深い。

レントゲンでは
●穴が開いてから時間が経っていると、黒く骨が吸収する。
●根管の方向とはそれて削った跡。
●細いファイル、根管治療に使う器具を入れてレントゲンを撮ると、違う所に飛び出ている。