根管治療後にポスト、シンボウを掘る時に穴を開けちゃった歯の治療 続き

穿孔、変な所に穴が開いちゃった時の特徴は?
穿孔の診断には臨床的な診査とレントゲンから行われる。
臨床的には、穿孔があれば血が出てきます。
出血は根管内に紙のポイントを入れてみれば、血がついてきます。
この方法は穴が小さい時やストリップの時に有効です。
ストリップとは、削り過ぎて根管の壁が薄くなってしまい横に穴が開いちゃった時。
紙のポイントについた血の位置で穿孔の場所が分かります。
穿孔が起きると、突然に痛みを感じるでしょう。麻酔していなければ。
随分と時間が経っている穿孔では、歯周ポケットが深くなっています。
電気的根管長測定器は歯から外に出た位置を示すので、根っこの先だけでなく穿孔した場所でも反応します。
根っこの先だよう!って言ってるにしては、短すぎる時には穿孔の疑いがあります。

方向を変えて何枚かレントゲンを撮ってみる必要があります。
CTがあれば、一目瞭然ですが。
中で枝分かれしているのか確認するには、細いファイル、器具を入れてレントゲンを撮ることも有効です。
古い穿孔では、その場所の骨が吸収して黒く見えます。
しかし普通のレントゲンでは頬側からベロが方向に取るので、撮影方向と同じ向きの穿孔は分かりにくいです。
つまり頬側やベロ側への穴は見つけにくいですね。
CBCT歯普通のレントゲンよりも三次元的に診断でき、治療計画にも役立ちます。

治療方法には?どんなものが有るのか?

●再根管治療はせずに、穿孔した場所だけ非外科的に修理する。
●再根管治療と非外科的な穿孔の修理。
●外科的に穿孔を修理。
●抜いちゃってブリッジかインプラントを入れる。

この患者さんは自分の歯を残したいと希望された。
被せ物は最近に作ったばかりで、作り替えるのは困ると思われていた。
前の歯科医は仮に付けていたので、簡単に外すことができた。
穴は比較的上の方にあるので顕微鏡を使えばよく見えそうで、中側から修理できるだろう。
非外科的な修理での1番の問題は、外側の骨などに以前の詰め物がはみ出てしないか?である。

以前に行われたこの歯の根管治療が無菌的に標準的な方法で行われているならば、
再根管治療は必要ない。
つまりラバーダムをかけて、次亜塩素酸ナトリウムによる洗浄などを行われたかです。
外科的治療ではベロ側からは難しいです。
到達性が悪くて、乾燥も難しいです。
3DBAB02E-8ABD-4A0F-8FF0-A5EC21ACA2DB