本来の神経とは違う所に穴を開けてしまう事を穿孔と言います。
非外科的はメスとか使わずに、
修復は修理みたいな意味です。

目的
この患者さんの治療を通して
医原生の、歯科医師が原因で
穿孔、穴ボコの治療を学びます。

最初に
この患者さんはかかりつけ歯科医から歯内療法専門医に紹介されてきた方で、
左下6番にシンボウ、ポストを掘る時に、誤って歯の外につきねけてしまった。
穿孔してしまった。

主訴
患者さんは何も症状はない。

内科的な病歴
特になし。

歯科的な経過
患者さんは最近、左下6番の根管治療を受けた。
その後、二つに分かれた金属のポスト、シンボウを入れるために削ってカタを取った。
セメントで付けようとした時に血が出て来て、穿孔したと考えた。
かかりつけ歯科医は 被せる物を仮付にして、歯内療法専門医に紹介した。

診査
顔には異常はない。
口の中は治療済みの歯が何本か認められた。
虫歯はなく、被せる物はみんな良好。
歯ぐきも良くて、ポケットは2mm以下。

レントゲンからは、左下6番は根管治療が行われていた。
根管の上半分は薬が詰められていず、
遠心根管、後ろ側の神経の管には金属のポスト、シンボウが入っていた。
3DBAB02E-8ABD-4A0F-8FF0-A5EC21ACA2DB




















診断
近心、手前がわの
舌側、ベロ側の根管のストリップ穿孔
ストリップはそうじゃなくて?
薄い根っこのが横にすけて、穴が開いちゃう事。
大臼歯の近心根、手前の根っこの内側はデインジャーゾーンと言われています。
危険な場所なんです。