治療法は?
●根管治療
●抜いちゃう
●放っておく

根管の形は単純であるので、感染の除去し封鎖は直線的にできそう。
 簡単そうなので、治療の結果は良いだろう。

麻酔して、ラバーダムをかけて根管治療を行った。
根管は一つで機械的に削って次亜塩素ナトリウムで徹底的に洗った。
EDTAっていう弱い酸で5分間洗った後に、 最後に次亜塩素ナトリウムで洗った。
液の効果を高めるために、音波の器具で振動させた。
その後に水酸化カルシウムを詰めて、仮詰めして封鎖した。

1ヶ月後に来院すると、外歯瘻は無くなっていた。
外歯瘻とは口の外、顔の皮膚に膿の出口のデキモノができたもの。
しかしまだ傷口が凹んでいた。
麻酔しラバーダムをかけて、超音波で水酸化カルシウムを洗い流した。
根管はガッタパーチャポイントというゴム状のポイントとシーラーって言うセメントで詰めた。
その後アマルガムって言う銀で詰めた。 
5FA41203-8244-49A6-A010-C414F4808A8D 








12ヶ月後、顔の傷口はかなり小さくなっていた。
症状もなかった。
レントゲンでは良好に治ってきていた。
患者さんに歯が折れないように、冠を被せるように勧めた。
AF8519D3-B62C-4B47-A751-452D73D1D712