治療 続き

3週間後、顕微鏡下で手術が行われた。
根っこの先が見えるように、歯ぐきを開く。
病変は組織検査を依頼する。
十分に周りには骨が残っていたので、骨の移植や再生を促すような膜は使用しなかった。
根っこの先をカットした後、メチレンブルーという液で染め出し手術用顕微鏡で観察する。
0D448103-AF29-4635-B8ED-1DC0FAAF1022














頬側とベロ側の根管の間にはイスムス、二つの根管間に渡り廊下のような筋があった。
これらを超音波チップで3个凌爾気泙悩錣辰拭
レントゲンで確認した後、歯ぐきを元の戻すように縫い合わせた。
傷の治りが良くなるように、生理食塩水で湿らせたガーゼで優しく圧迫した。
術後の注意を説明した。
一週間後に再来院すると、歯ぐきはキレイに治っており糸を取り除いた。
組織検査の結果は線維性の瘢痕を伴う膿の袋であった。

六か月後、レントゲンでは良好な治り具合を示していた。
この段階で新しい被せ物をするように勧めた。
一年後のレントゲンでは更に良くなり、四年後には完全に治った。
E848FA6A-9144-4A98-9CDB-291B656BD3B1