歯が縦に割れることを、垂直性歯根破折って言います。
まあ横に折れる方が珍しいんですが、こっちは水平性破折って言います。

目的
この治療を通して、
垂直性歯根の診断とよく似た異なる状態と見分けらるようになる。 
また垂直性歯根破折の原因と治療方法を学びます。

最初に
58才の女性患者さんが下の前歯に痛みを感じて、かかりつけ歯科医に行った。
その後、診査と治療の目的で歯内療法専門医へ紹介された。

主訴
患者さんは下の前歯に弱い痛みがある。
先週からある歯を押すと痛みが強くなった。 

全身状態
患者さんは少し血圧が高い。
他の病歴はハッキリとは覚えていなかった。
いつも飲んでいるような薬はないが、歯が痛くてこの2週間は痛み止めを飲んでいる。

診断にこの消炎鎮痛剤は妨げになるだろうか?
イブプロフェンのような消炎鎮痛剤は患者さんの症状を弱めたり、無くしてしまう。
患者さんの症状を再現することが難しくなり、診断の妨げになる。

歯科治療歴
この患者さんは定期的に歯科医院に通っていた。
沢山の歯が被せてあったり、大きな詰め物がされていた。
紹介元の医院からのレントゲンから、数本の歯に根管治療がされていた。
かかりつけ歯科医にて3年前に右下側切歯、2番を根管治療をされていた。

398ECB65-D980-4457-BF78-321666D828B0 








(a)かかりつけ歯科医にて3年前に撮られた、治療前のレントゲン。
神経が炎症を起こしていると診断されていた。
(b)根管内にガッタパーチャポイントを入れて確認の写真。
(c)根管充填、詰めた後の写真。