根管を削り、消毒後に詰める

近心、体の真ん中に近い方
頬側、ほっぺ側
手前側のほっぺた側の根っこには2本の根管が入っている事が多いです。
超音波で近心頬側の2つの根管を見つけ、
神経の部屋、歯髄腔に1%次亜塩素酸ナトリウムで満たした。
消毒と神経などの組織を溶かす作用があります。
ニッケルチタン製のファイル、削るためのヤスリ状のドリルで入口部分を広げた。
治療前のレントゲンを参考に根管の長さを電気的根管長測定器で調べた。
この電気的根管長測定器の精度を高めたのは、日本の先生、砂田先生方なんですよ。
 長さをレントゲンで確認した。
F9C06291-3F26-485D-898A-41E737F81AC4 



2本あった近心頬側根管には1本の器具だけが入っているが、
これらの根管は12mmのあたりで一緒に融合、1本になっていた。
超音波の器具で清掃し、根管にクスリを詰めた。
ガッタパーチャっていうゴムのポイントを緊密に加圧して詰めた。

被せる。

十分な歯の量が残っていたので、中にシンボウ、ポストっていうピンは必要ないと判断した。
頭の部分の神経の部分、歯髄腔をキレイにして、
アマルガムでコア、頭を補強をするために根管内のクスリ、ガッタパーチャを4mm除去した。
接着後にレントゲンで確認した。
陶材、セラミックを金属に焼き付けた被せ物、琺瑯鍋と同じ原理です、いわゆるメタルボンドを作成した。
ピッタリしているか?フチが合っているのか?維持、外れ易くないか?
隣の歯との関係は?噛み合わせは?真ん中で噛んだ時、左右に動かした時は?
色は?
全て良好であることを確認し、セメントでくっ付けた。
A99D949F-59B0-4D06-B3E1-8A0D72617DCD