治療の前にこの患者さんに伝えること。
● この歯を被せられるかは分からない。まずは古い被せ物を外して確かめる必要がある。
●根管内に二本の器具が折れていること。
●折れた器具が感染源ではなくて、根管の消毒の邪魔となっている。
●器具が取り除けた方が良いが、もし出来なくても他の方法がある。

治療

被せ物を外す。
被せ物は簡単に外せた。
その後、ラバーダムをかけて唾液が入ってこないようにふさいだ。
虫歯が手前側にあり、削り取った。
診査の結果、被せ直すのに十分な歯が残っていた。

折れた器具を取り除く。
神経の入口を超音波でキレイにして、確認をした。
手術用顕微鏡で見て、破折した器具の上部が見えるようにバーで削った。
折れた器具の脇道をファイル、細いヤスリ状の器具で探ったが、出来なかった。
超音波の細いチップを使って半時計方向に折れた器具の頭を回転させた。
器具を取り除く際に他の根管に入り込まぬよう、ワタでふさいだ。
両方とも上手く取り除けた。
8BA200A3-8C4A-4E0E-8045-03796851F2A0