8BA200A3-8C4A-4E0E-8045-03796851F2A0










この患者さんの治療法は?

●放っておく。
●抜いちゃう。
●器具を取り除くように再根管治療をして、シンボウで補強後に被せる。 

右上の6番は痛みがあり、最近にひどくなった事もあった。
噛むと痛むし、放っておけばまたひどい痛みが起きる可能性がある。
患者さんは、このままにしておきたくはなかった。 
被せ物はフチに隙間があり、手前側には虫歯になっている。
まずは被せ物を外して残った歯の量を確認してみないと、再度被せられるかは分からない。

患者さんはもしかすると被せられず、抜かなければならなくなる可能性を説明された。
歯周の具合は良く、下の第2小臼歯と第1大臼歯と噛み合っていた。
折れた器具を取る除ければ、良好な治療結果が期待できる。 
もし抜いてしまうと、数年前に隣の歯を既に抜いていて、無い歯が増えてしまう。
まずは 被せ物を外して歯の状態を確認し、被せられそうであれば再根管治療を行うことにした。