歯内療法に関係づる学会で

大学の複数の先生方が
口々にお話しされていたことに 

治らないと紹介されてくる歯の殆どが
きちんと隔壁を作り、普通に治療を行うと治るんですよね?
中には虫歯を残したままだったりする。
基本的なことが出来ていないからでは?

なぜでしょう?

私が思うには

根管治療に対する情熱
だと思います。

当たり前を突き通しって、掃除を徹底するような?
違いますかね?
私は掃除が治療の精神的な訓練になると思っているんですが。