顕微鏡歯科学会

第3回 日本顕微鏡歯科学会 

 

4月23日日曜日は東京医科歯科大学にて、日本顕微鏡歯科学会に参加してきました。

恐れ多くも、嬉しい事に京都の山田 邦晶先生と秋田の佐藤 政志先生に挟まれての充実した1日でした。

「無名の?(すいません、勉強不足で)ハーバード大学での金メダリストの発表」ありの!

まさにスタンディング・オーベンションになりそうな感動でした。

「アメリカならそんな歯はもともと抜く歯だ!保険診療による医療費の無駄遣いだ!」と有名な助教授の声が飛んだり!

「顕微鏡を買ったからって、自分は上手くなったなんて思っていませんか?」なんて、ドキッとする話やら!

日本を代表する顕微鏡歯科の先駆者達の発表に大変刺激されました。

何よりも南先生の講演にあった「Microdentistry is ethics?」

顕微鏡歯科は医の倫理だ!

本当にそう思います。

見えないことには、話になりません。

見ちゃったからには、ごまかしたりできません。

スタッフにも同じ画像が見えていますから、手を抜いたりすればわかります。

見えているのに、痒いところに手が届かないのも困りますね!

日本の歯科医は優秀ですよ。

クーヤーシーーな!自分はまだまだ半人前ですね。