DISINTEGRETION

術者可撤式の上部構造

 

何のことやら分りませんよね?

つまり、普段は差し歯にあたる部分が固定式でくっ付いています。

が、将来、もし隣の歯が抜けてしまったり、差し歯が壊れたりした時には歯科医は一旦、はずして修理できる事なんです。

こう書くと大したことには思われないでしょうが、今まで何度も指し歯の作り変えを繰り返しておりませんか?

その度に最初から作り変えになって、以前支払った多くの治療費が無駄になったりしてませんか?

ネジ式で固定されているブローネマルク・システムでは、はずしてでは追加したり修理可能なため、最初に作った歯が無駄にはなりません。

当然、治療費も少なくてすみます。

このネジ止めによる方法は将来のお口の変化に対応でき、患者さんだけでなく、歯科医にとっても有効な方法です。

が、私の知る限りでは、他のインプラント・システムを使用の先生方はセメントで着けてしまう方法を選ばれている方が多いようです?

その理由には、ネジの入り口をプラスチックにて詰めるため、セラミックよりも自然でないと言われますが、本当でしょうか?

私が思うには、ネジ式の歯には非常に高い精度が必要とされ、技工操作が難しいからではないでしょうか?

当然、このようは歯を作れる腕の良い技工士さんも限られておりますし、技工費用も高額です。

すごく小さなネジで一つ一つが、無理な力がかからずにピタッと収まるのですから、本当にこれこそ職人芸の芸術ですよ!