診察室歯の治療中に患者さんから「細かいですね。手先が器用なんですね!」とお声がかかります。

狭くて・暗い口の中で小さな歯を治療する歯科が、繊細である事は想像できるでしょう。
更に歯の中の神経や歯の間などの治療は、肉眼では見ることが難しく経験とカン?に頼った手探りの治療となります。
そこで近年、手術用顕微鏡を使用した歯科治療が普及してきております。

手術用顕微鏡は脳神経外科や耳鼻科・眼科・産婦人科等の医科領域では既に一般的に使用されております。
3から20倍に拡大でき、ライトが直接視線と同じくカゲのない明るく大きな画像が見られます。

手術用顕微鏡を使用することにより、悪いところだけを見つけて取れるので、
 ―が小さく痛くない(低侵襲性)
 ⊆りが早く良好(高い成功率)
 キレイに治る(審美性)
 ぅ咼妊カメラにより治療を見ることができる(ドキュメンテイション)。

あなたの虫歯を直接見たことがありますか?