tuiteruno4

西葛西 服部歯科医院 (根管治療)

診療時間内では説明が足りなかったことや、お聞きしにくいことを伝えるためにこのブログを作りました。

22 1月

インプラント治療を受けて!!

日野さん

インプラント治療を受けて 

 

当院でインプラント治療を受けられた方の、感想です。

チョッと恥ずかしいお褒めの言葉や術後にひどく腫れた方など、患者さんの生のお声です。

 

     奥歯1本をインプラント

インプラント完了!!

自分の歯を無くさない様に心がけて参りました。

現在67才、25本、8020を目指してます。

一本を入れ歯か、ブリッジか、インプラントにしなくては、、、と云う事になりましたが、歯根が健康に及ぼす事や口元の美感?も考えてインプラントに気めました。

何時までも綺麗な口元でいたいと思い、インプラントの前に元の自然な色にしました。

その色に合わせて歯を入れて下さり、治療の工程や構造を分かりやすく良く説明して頂いたので何の不安も有りませんでした。

先生ありがとうございました。

22 1月

インプラント治療を受けて!!

篠沢さん

インプラント治療を受けて!!

前歯のインプラント

     治療前:インプラントに対する説明を治療中に医師が何度となくしてくれていたので

だいたい理解できていた。

実際に入れるとなると不安は多少あったが、私はもうこれしかないと思い決断した。

最終的には医師と本人の信頼関係だなと思います。

 治療後:最終的な歯が入るまでには多くの時間を必要とすることは、理解しておく必要がある。

金属が埋め込まれている感じは、まったくしない。

最終的な歯が入り、通常の生活に何の問題もなく、インプラントを入れて良かったと思っている。

 

     お世話様になっております。

前歯上下4本のインプラント治療をしていただくましたが、治療中痛みもなく、治療期間も想像以上に短期間で終了しました。

その間、経過説明もきちんとして頂き、不安に思う事は何一つありませんでした。

でき上がりまでの仮歯も外見上支障なく過ごせたのは、以外な事でした。

治療終了後は不自然さもなく、現在もきれいなままでおります。

今後共も大切にして行きたいと思いますので助言をよろしくお願い致します。

22 1月

インプラント治療を受けて!!

吉本さんインプラント治療を受けて!!

 

奥歯4本をインプラントに

     インプラントにして良かった。

昔、父、母が部分入れ歯で合わなかったのか『痛い』と軟らかい食事をし、何度も作り直していました。

そんな事を思うとインプラントを選び、良かったと思います。

自分のは同様、何の違和感がなく、何でも食べられ“幸福”です。

手術は、術中は何度も声かけをして頂き、安心して受けられました。

ありがとうございました。

ただ、術後腫れたのが気になりましたが、2.3日で腫れも引いたので良かった。

痛みも少しはあったでしょうが忘れました。

インプラントをすすめて下さり、ありがとうございました。

22 1月

インプラント治療を受けて!!

クリスタルインプラント治療を受けて!!

 

     インプラント治療有難う御座いました。

考えて見ると一昔前で有れば入れ歯になる所、全く医学の進歩は驚きです。

治療の方も思ったより顔も腫れずに痛みも殆どなく、人に聞いていた話とは全く違って居りました。

勿論、先生の技術力のよさだとは思います。

今こうして、毎日入れ歯の煩わしさもなく、好きな物を食べられる喜び

本当に有難うございました。

22 1月

インプラント治療を受けて!!

大槻さん

インプラント治療を受けて!!

 

下の歯を全部、インプラントに

     下あごの奥歯の左右をブリッジのしていましたが、もうグラグラでよく物が噛めない状態でした。

今までパートの仕事、家族の病気等でなかなか歯医者に行く事が出来ませんでした。

やっと時間ができましたので、前々から決めていたインプラントにしようと決心致しました。

しかし現在私は心臓の薬を飲んでおりますので、先生に相談致しましたところ内科の先生と連絡を取って頂き、気を付けて治療して頂けるようになりました。

下の歯は1本を残して全部抜き仮歯で過ごしましたが、あまり不自由は感じませんでした。

171月に手術をした時は麻酔専門の先生も来て下さり、安心して手術を受けられました。

手術後4日間ぐらいは、おたふく風邪にかかったようになりましたが1週間位で元に戻りました。

痛みはありませんでした。

8月にはきれいな歯が入り、1年間頑張ったかいがありました。

先生にはとても感謝をしております。

18 1月

教えてください!あなたの知りたい歯科のこと!

階段看板「患者さんが本当は知りたいこと」って何ですか?

先日のNHKスペシャル「日本のがん医療を問う2」を見て、本当に今の自分を考えさせられました。

重い番組で、涙ながらに訴える患者さんのお話になんとも言いようのない悲しい思いです。

何にも知りませんでした。

私には、日本のがん医療についてお話できるような知識はありません。

しかし、NHKでも述べられていたように「日本のがん医療を問う」ことが、構造的な矛盾を抱えた日本の医療全体を検証することにつながっていると思います。

手術成績の公表、がん登録のデータに関して、基準が曖昧であり、精度に問題があるとの医師側からの意見に

患者さんから「出されたデータが不正確だとか、問題があるとかは患者サイドが判断すれば良い。とにかく情報を下さい。まずは情報を開示してくれないと始まらない、、?」

確か、このような訴えだったと思うのですが?

当医院でも熊谷 崇先生のお考えに共感し、この2年半程の間、虫歯の本数の変化、再治療歯の経過、抜いた歯の本数や利用、歯周病進行度の変化等をパソコンに入力、管理して参りました。

思っていたよりも早期に再治療を繰り返している方?がいること、検査結果に人によって誤差が認められたり、歯の写真の取り方に各々癖があること等の反省材料としては有益でした。

当初は熊谷先生を目指して、ヘルスケア歯科研究会認定診療所になることを目標に始めた取り組みでした。

そのお陰で、スタッフは診療後にも残ってデータ入力する毎日でした。

データ入力のためのデータ?目の前の患者さんよりもデータ管理の精確さ?データ入力のために余裕がなくなりチーム・ワークが?等々を感じ始めました。

私の独断でスタッフにも迷惑をかけますが、18年度よりこのデータ管理を中止することに決めました。

1番に思ったことは、苦労して集めたデータが今来ている患者さんのために役立っていないことです。

きっと継続し続ければ、有効な医院記録になると思いますが、、、

治療の結果を追跡調査し、規格性のある基準で自医院を検証し続ける大切さは、理解しております。

が、私の患者さんはこんなことをお知りになりたいのでしょうか?

医療に関しての情報開示が望まれる昨今、歯科のあなたの何に関する情報がお知りになりたいのでしょうか?

どうせ苦労して情報管理、開示していくのなら、私の医院に入らして頂いているあなたの欲しい情報をお教えしたいのです。

カルテですか?汚くて恥ずかしいのが、正直なとこです。

事故、裁判でもないけど毎回治療内容をカルテとして欲しいですか?

患者さん用の分かりやすい言葉ではなく、専門用語?というか保険用語のカルテを欲しいですか?

是非、お教え下さい、あなたの欲しい情報を。

とても、全ての希望をかなえることは出来ないかもしれませんが、今後の服部歯科医院の方向性を決める大事なご意見とさせて頂きますので、是非、コメント下さい。

 最後に前回のスペシャルでの「癌と共に行きる会」会長、佐藤 均さんの言葉を引用させていただきます。

「患者会の活動を続ける中で私が感じたことを述べさせていただきますと、

患者が思っている、望んでいる情報を、実は医療関係者の方は、皆さん方を含めて、何も分かっていないのではないかと。

がん医療のことを一番理解しているはずの医療機関関係者が実は何も分かっていないのではないかと。」

どうか、教えて下さい。あなたの知りたい、あなたの歯の情報を!!

16 1月

腕のいい”にせ”歯科医か、下手な資格のある歯科医か、あなたはどっち?

歯ブラシたて

先日の無資格歯科医が捕まったニュースをご覧になりましたか?

夜間でも自宅まで出張してくれる近所でも評判の名医だったそうです。

実は歯科技工士さんで、無資格診療ということで先日、御用となったそうです。

きっと最初は知人に入れ歯の具合でも悪い方がいて、好意で助けてあげたつもりが、、、

なんて事では、ないでしょうか?

でも、だいぶ儲けていたようだし?真相は如何でしょうか?

 海外ではデンチュリストといって、歯科医ではない入れ歯士といった資格を認めている国も有るようです。

何かとデリケートな関係ですよね、歯科医と歯科技工士さんは。

正直に言って卒業したての頃、一番の先生は院長ではなく、同僚・同世代の歯科技工士Sさんでした。

卒業後してすぐに先生と呼ばれ、自信満々の私を悩ましたのも、よーく手取り足取りしごいてくれたのも、オートバイの楽しさを教えてくれたのも歯科技工士のSさんです。

感謝しています。

また開業当初に、チョッとでも歯型が取れていないと何度も取り直しの請求をしてくれたのが、Tさんでした。

お陰で現在は、Tさんと作った差し歯が長持ちしているからと、信頼されて転居しても遠方より通院されている方が何人かいらっしゃいます。

有難うございました。

T歯科技工士さんの独立等の理由で、現在は主に栗本さんという歯科技工士さんに、セラミックの歯を作ってもらっています。

栗本さんが素晴らしいキレイなセラミックの差し歯を作ってくれるので、自信をもって患者さんに勧められます。

院外のパートナーとしては、やはり一番大切な方なんですが、そこは仕事のことでして、、、

何度も怒ったり、謝ったり、無理を頼んだり、助けてもらったり、、いろいろ有ります。

ついキツイコト言って、すいません。

歯科技工の世界の進歩も急速で、専門誌を読むだけの表面的な勉強だけではわからないことが多く、教えてもらうことも度々です。

 

 おそらく捕まったにせ歯科医さんも、歯科技工士としては特に入れ歯に関してはきっと上手だったのでしょうね。

さて、あなたなら「無資格の上手なにせ歯科医」と「資格のある下手な歯科医」とどっちにかかりたいですか?

という質問をフジテレビ「人物ライブ・スタメン」でしていました。

結果は思ったとうり?上手なにせ医者を選んだ方が約75%でした。

歯医者はなんと言っても、まずは技術・ウデ次第と聞いて、なぜかチョッと安心しました。

もちろん上手な歯医者さんって意味は、技術的なことだけではないでしょうが。

今日も上手に治療できるよう、頑張るぞー

14 1月

インプラント5!お聞きしていいですか?

kostaこのご質問の方は開業当時(平成2年)の元患者さんで、現在は他の歯科医院さんにかかられています。
現在も個人的にお世話になっている知人の方のため、ブログに内容を使用することをお許し頂けました。
有難うございます。

お聞きしていいですか?


> 服部先生ーー!!ご無沙汰しておりますぅ
> ブログのご案内ありがとう存じます。しっかり拝見させていただきました。
> インプラントやその他についても、大変丁寧に書かれており、患者さんが喜びそうな話 題満載ですネ。
> まさに私にとってグッドタイミング・・・何故ならば・・
> ○○先生にはちょっぴし聞きづらいインプラントの知りたい事があるのです。
> 記事に書かれていらっしゃるとおり、私も「なるべく安く!」の種類の患者なので
すが
> 、高値の花“インプラント”なるものが、私の手の届く所にあるかどうか?が先ず知り たいのです。
> 勿論、診察して治療にならなければ正確なところはわからないでしょうが、大雑把な目> 安みたいなものを、差し支えない範囲で教えていただく事はできますでしょうか?
> 質問の1:インプラントの中にも上中下があるのでしょうか?
>   又、それらの大まかな費用はどの程度になるのでしょう?
> 質問の2:その治療通院には、どの位の日数や回数・又は時間がかかるのでしょうか?
> 質問の3:例えば、とりあえず2本だけ施術して、後は又の機会(経済的にの意
味)に 。などという治療ができるのでしょうか?
>
> 上の質問が、もしも失礼であったりならば、どうぞ無視していただいても構いません。
> あまりにも絶妙なタイミングのブログ拝見だったもので・・飛びついてしまいまし
た。
>
> では、では・・
>
> では・・ ☆・☆ ■△ ○子 ☆・☆

続きを読む »

7 1月

患者になれない

階段看板

 

 20060104日 毎日新聞 トップ、一面記事です。

 全医療費を自己負担

 無保険 30万世帯

 国保滞納対策『資格証明書』00年度の3

 

 国民健康保険料の長期滞納を理由に、医療費の全額自己負担を求められる資格証明書を市町村から交付され、保険証を使えない「無保険者」が04年度、全国で30万世帯以上に達したことが、毎日新聞の全国調査で分かった。

  中略

 国民皆保険制度の根幹が揺らいでいる。

 関連記事の2面『縦並び社会』格差の現場からには、もっとショッキングな内容です。

 患者になれない

 行政に“縁”切られ

『資格証明書は私への罰でしょうか』。

病室内にか細い声が漂う。

福岡市内ではいまや国保加入者の14世帯に1世帯が『無保険者』だ。

 

 記事の詳細は「続きを読む」に引用させて頂きます。(許可を得ていませんが?)

 本当に体の具合が悪くなり支払えないときには、必要な医療を受けることもできないのでしょうか?

いまだに日本国民は今を生きるために、将来の命も犠牲にしなければいけない時代なのでしょうか?

それとも記事後半の方のように、高収入だからこそ国民皆保険なんかに頼らずに自費診療・高級な医療を選択されるのでしょうか?

当医院でも以前に相続金がらみで、国民健康保険を辞退している?なんて方がいたような気がします。

もしかすると海外先進国、特にアメリカのように高額な医療に備え、民間保険に加入し、保険料に見合った額と質の医療しか受けられない時代が迫ってきているのかもしれません。

 小泉内閣は多くの国民の支持を集めて賛成過半数票を確保し、今なら何でも改革できそうな勢いです。

次は厚生族とのばかりで、医療改革の記事が毎日のように新聞紙上を賑わせております。

 日に日に国民の権利、平等に生きる権利、健康に生きる権利がないがしろになり、貧富の差が広まっているように感じられます。

皆が中流意識を持ち、ほしい物をひとつひとつ購入し、ちょっとした旅行や外食にも喜びを感じた私達の子供時代・昭和は幸福感や達成感で溢れていました。

 日本国は世界貢献・安全保障や戦争責任に多くの資金を外国に投入し、自国民は命の安全も自分自身で守らねばならないのでしょうか?

そんなに今、あなたの受けている目の前の医療は信用できませんか?

だったら非常に悲しいことですが、、

それとも医者が儲け過ぎているから、保険制度が崩壊するのでしょうか?

 私自身は『少なくとも一人の患者として』、この国の医療制度・国民皆保険は世界に誇れる制度だと本当に感謝しております。

 この春、大きな医療改革が必ず小泉改革の名で、行われます。

特に歯科は日本歯科医師会の橋本元総理へ裏献金事件後ですから(別の意味ではこの事件は有益だったのでは?)、当然厳しい改革が予想されております。

目を見開いて、見守ってください。

一時的な医療への不信感からのペナルティーとか、一方的な財政事情とか、経済的な理由からではなく、国によって国民が健康に生きられる権利を生涯を通じて守られる医療制度として、改革されることを祈っております。

 この記事は大切な事にも拘らず、思うままに書き申し訳ありません。

読んでくださり、有難うございます。

短期間で削除するかと思いますが。

続きを読む »

4 1月

インプラント4 週刊文春’03年3月6日号

「危ないインプラント」の見分け方

歯を失った人々への救世主、インプラント(人工歯根)は大々的に宣伝された。しかし、法外な治療費や手術失敗などトラブルも多発している。日本では治療法をきちんと大学で教えていないし、世界の主流とは異なる方法を開発していた時期があったからだ。

 

前略

現在、主流のインプラント治療は、骨に埋め込む歯根部分にはネジ型のチタンを使ったもので、骨とチタンが接合するという性質を利用した「オッセオインテゲレーション」という方法である。

この方法は1950年代に、スウェ−デンの医学者ブローネマルクが「骨とチタンの結合」を発見したことからはじまった。

日本では、5060年代にアメリカからフレーム型やブレード型のインプラントが紹介され、一部の歯科医師の間で好んで応用された。

これらは金属製ではあるものの、科学的な背景は乏しかったこともあり、炎症を起こして顎の骨を吸収させるなど患者を苦しめることが多かった。

 

知識のない歯科医の無理な治療

 

 「当時のインプラントの多くが、臨床データも少なく体の組織との関係などの研究もなされていませんでした。

また、施術後510年たったらどうなるかという予知もできませんでした、そのため歯科大では、なかなかインプラントを受け入れなかったのです」

と語るのは、世界で一番、臨床データが蓄積されているインプラントである「ブローネマルク」システムを日本人で一番最初に学んだ小宮山彌太郎氏(東京歯科大学客員教授/ブローネマルクオッセオインテグレーションセンター所長)だ。

中略

 小宮山氏が危惧するのは、チタン製のオッセオインテグレーションのシステムは普及してきたものの、いろいろな業者が似たようなシステムをつくり、しっかりした臨床データも科学的理論もないインプラントが氾濫していることだ。

インプラントの種類は現在世界で二百種類以上、日本の厚生省の認可をとったものが三十種類以上にものぼっている。

 小宮山氏は、こうした臨床データのないインプラントの被害者が、今後続出するのではないかと予測する。

 「日本の歯科医たちは、インプラントのシステムを選ぶ基準を聞くと、驚くことに、『安い』『施術が簡単』という二点を最大のポイントとしてあげる人が多いのです。

これは世界でも珍しいことで、他の国では、安全性を考え臨床データを重視してシステムを選んでいます。

ブローネマルクは、臨床データが最も多く、いま世界で普及しているオッセオインテグレーションシステムは、すべてブローネマルク方式を規範としています。

そのため厚生省はブローネマルクと形が同じインプラントだと、比較的容易に認可するようです。

しかし、いくら型が似ていても違うものなのです。

現在、自分が使っても安心できるシステムは三〜四種類しかありません。」

 

骨を焼きすぎて手術失敗

 

 「治療にくる患者さんは、インプラントの種類がこれほど多くあるとは知りません。

また、原価にも大きな開きがあることも分からない。

あるものはブローネマルクの三分の一くらいで買える。

このようなメーカーで大きな違いがあるのです。

われわれ歯科医は、まず、このことを患者に説明する必要があるでしょう。

また、いくらハード面が良くても、そのソフトが悪ければ失敗はおきます」(小宮山氏)

後略

あまり患者さんには伝えられていないことだと、思います。

でも、大事な事で歯科医師のインプラントに対する取り組む姿勢が分かる点だと思いますが?

如何でしょうか?

 

Recent Comments
Profile

tuiteruno4

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ